「魔法科高校の劣等生 9 来訪者編 上」【レビュー】

魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)
著/佐島 勤 イラスト/石田 可奈

表紙の絵に吹いたのは私だけじゃないはず、、、。下手になってないか?

一学年目最終エピソード『来訪者編』!
金髪碧眼の魔法師・リーナが魔法科高校にやってくる!

 司波兄妹にとって波乱続きだった西暦二〇九五年もあと一月。そしてこの十二月にも、彼らが通う魔法科高校に『激動』はやってきた──。
 深雪のクラスメイトである北山雫が、USNA(北アメリカ大陸合衆国)に留学することになった。この時代、ハイレベルの魔法師は、遺伝子の流出=軍事資源の流出を避ける為に、政府によって海外渡航を制限(禁止)されている。にもかかわらず許可された理由、それは『交換留学』だからだ。アンジェリーナ=クドウ=シールズ。
 雫がアメリカに渡り、入れ替わりで魔法科高校に入学したのは、金髪碧眼の留学生。「司波深雪に劣らぬ美貌」と称される美少女、通称リーナだった。彼女を見た達也は、瞬時にその『正体』に気づく。リーナの本当の姿、それは大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人、USNAの魔法師部隊『スターズ』総隊長、アンジー・シリウス少佐。
 魔法科高校にやってきた米軍最強の魔法師という『火の粉』を、司波達也はどう振り払うのか──。

「魔法科高校の劣等生 1 入学編 上」【レビュー】 | One-ofF
「魔法科高校の劣等生 2 入学編 下」【レビュー】 | One-ofF
「魔法科高校の劣等生 3 九校戦編 上」【レビュー】 | One-ofF
One-ofF ≫ 「魔法科高校の劣等生 4 九校戦編 下」【レビュー】
One-ofF ≫ 「魔法科高校の劣等生 5 夏休み編+1」【レビュー】
One-ofF » 「魔法科高校の劣等生 6 横浜騒乱編 上」【レビュー】
One-ofF » 「魔法科高校の劣等生 7 横浜騒乱編 下」【レビュー】
One-ofF » 「魔法科高校の劣等生 8 追憶編」【レビュー】

感想
 ウェブ版92話~102話に該当。来訪者編は上中下構成らしいです。初年度の部も佳境ですね。大亜連合の横槍が一旦停止、その後にUSNAの諜報やパラサイト関連の話が始まります。第三次世界大戦を経ているという世界観なので、この小説の日本は対(内)外的にもアメリカと対等のよう。魔法技術大国としても知られているらしく魔法式の供与や共同開発も行なっている。

カナダ+アメリカ+メキシコ=北アメリカ大陸合衆国(USNA)
ロシア+ウクライナ+ベラルーシ=新ソ連
中国+ビルマ北部+ベトナム北部+ラオス北部+朝鮮半島=大亜連合
インド+イラン+中央アジア+南アジア=インド・ペルシア連邦
オーストラリアは鎖国
EUはドイツ・フランスを境に東西分裂(イギリスはどっちだ?)
アフリカは国家の半分が消滅
南アメリカは小国分立状態

 経済的・軍事的同盟をどことどこが結んでいるという情報は(殆ど)無いので敵対・友好の関係はわかりませんが、少なくともUSNAは日本を太平洋の防波堤(同盟)にしている模様。大亜連合とオーストラリアは揚陸艦(大亜連合)をオーストラリア船籍の貨物船と登録し日本の入管管理局へ届け出してくれるほど、仲が良い。 尚、タイ王国はこの世界でも独立を貫いている模様(外交巧すぎ)。基本的に今の国家間の枠組みで巨大化したり分裂したり吸収されたりしているので分かりやすいかと。第三次世界大戦の話もノベライズしてほしいなー。

 本編に戻りますが全体的に時系列が入れ替わったり、話が挿入されているのはこれまでと同じです。部分加筆と修正、中でもスターズの戦闘シーンが追加されているのは良かったと思います。総隊長を潜入捜査に使うのが安易すぎると思うのはスルーして(シリウスが10代の時点で色々可笑しいけど)、USNA首脳部がマテリアル・バーストにそれ程危機感を抱いている証明か・・・?

 回りくどい説明や言い回し、繰り返しての解説。佐島先生の書き方は好き嫌いが分かれるでしょうが、私は好きですよ。()とかばんばん使ってくれていいのに。

電撃文庫版の変更点
師走のくだり
外人→偉人
アンジェリーナのファッション
達也への勧誘の時系列入れ替え
リーナへの通信
サバイバル部第二部室→ただの「部室」
吸血鬼事件の犠牲者 15人→24人
夜の渋谷の戦闘が詳細に
レオの負傷+七草家の家人の女の子救出
フード付きコートに覆面→目深にかぶった帽子に白一色の覆面(コートの下はボディーアーマーで同じ)
パラサイトの解説入れ替え
マクシミリアン・デバイス東京支社内の秘密拠点
サバイバル部の第二部室→クロス・フィールド部の第二部室

魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>