「魔法科高校の劣等生 7 横浜騒乱編 下」【レビュー】

魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 7(横浜騒乱編 下) (電撃文庫 さ 14-6)
著/佐島 勤 イラスト/石田 可奈

表紙は達也のムーバルスーツ姿と儚げな深雪さん。「禁断の力を解放する。」とか中二臭い文字が帯に書いてあってちょっと引きました。禁断の力と言われればそうなんだけれど、やっぱりこうやって書かれるとキツイなw
加筆と修正で大まかなストーリーに変更はなし。平常運転です。あとがきにて重要告知もあり。オーディオドラマDVDと二年生編とか。

達也VS異国から侵入した魔法師たち!
横浜で催される『全国高校生魔法学論文コンペティション』。この魔法科高校生徒達の晴れ舞台に、突如謎の武装集団が侵入した。彼らの正体は、『大陸』からやってきた大亜連合軍の魔法師とその機動兵器群。目的のためには市民殺害も厭わない武装軍によって大混乱に陥る中、司波達也は生徒会メンバーと共に次の行動を模索する。
 同時刻。コンペ会場に、最新鋭魔法技術武装集団、国防陸軍第一〇一旅団独立魔装大隊が現れる。驚く真由美や克人を尻目に、劣等生・達也は大隊より、戦場の最前線へと向かうよう『上官からの命令』を受ける。訝しむ魔法科生徒達の中、
「お兄様。ご存分に」
「征ってくる」
 深雪との『儀式』を終えた達也は、ついに、恐るべき“禁断の力”を解放する。

「魔法科高校の劣等生 1 入学編 上」【レビュー】 | One-ofF
「魔法科高校の劣等生 2 入学編 下」【レビュー】 | One-ofF
「魔法科高校の劣等生 3 九校戦編 上」【レビュー】 | One-ofF
One-ofF ≫ 「魔法科高校の劣等生 4 九校戦編 下」【レビュー】
One-ofF ≫ 「魔法科高校の劣等生 5 夏休み編+1」【レビュー】
One-ofF » 「魔法科高校の劣等生 6 横浜騒乱編 上」【レビュー】

感想
 流し読む程度でウェブ版との違いを見ていきましたが、相変わらず()が多用され説明的文が多い。強いて言えば他に気にするところは無いレベル。戦域俯瞰図が追加され視覚的に認識しやすくなったのはいいところ。学生にしては落ち着いていたり、人を殺すことに忌避感を抱いている様に見えないが、魔法師はそういう生き物だと納得。ウェブ版をなぞっているので早く二年生編を読みたい気持ちが募る。

電撃文庫版の変更点
大幅加筆修正
登場人物追加
戦域俯瞰図

魔法科高校の劣等生 7(横浜騒乱編 下) (電撃文庫 さ 14-6)

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>