車載用FMトランスミッター(C26S)【レビュー】

車載用FMトランスミッター USBカーチャージャー Bluetoothワイヤレスシガーソケッ 車載充電器 bluetoothリモコン ハンズフリー通話可能 高音質 音楽再生 2ポートUSB付き 電圧表示機能搭載 多機能ボタンコントロール搭載 電源12V-24V USB端子5V/ 3.4A (C26S)
車載用FMトランスミッター USBカーチャージャー Bluetoothワイヤレスシガーソケッ 車載充電器 bluetoothリモコン ハンズフリー通話可能 高音質 音楽再生 2ポートUSB付き 電圧表示機能搭載 多機能ボタンコントロール搭載 電源12V-24V USB端子5V/ 3.4A (C26S)

 お久しぶりです。リアルが忙しくてブログ更新が遅れました。記事投稿していなかった間にもいくつか買い物はしたのですが、書く気力が湧かなかったのでサボっていました。今回は良い感じにネタが手に入ったので、少し書いてみます。

 どこか見たことがあるようなパッケージング。

 袋にも入れられずに裸のまま入っていました。

 怪しい日本語の説明付きでした。英語の説明もあるので素直に英語を読んだほうがよいかも。

使い方は簡単で

1.シガーソケットに挿す
2.Bluetoothペアリング設定
3.カーラジオで空いているFM周波数を探す
4.トランスミッター本体側面の真ん中のボタンを押して、周波数変更モードにする
5.Up/Downボタンで空いているFM周波数にセットする
6.音楽を再生する

 これだけです。一度設定したら、後はエンジンをかける度に自動で起動してくれます。国内FMラジオの周波数は76.1~89.9MHzを使用しているため、地域によって干渉する周波数が異なります。また、店内無線などで使用されている場合もあるので、選択した周波数が他に使われていないかが大事になってきます。デフォルト周波数のままで使うと、類似のFMトランスミッターを使用している人に音楽を誤爆してしまう恐れがあるので、周波数は変更したほうが吉です。

 音楽非再生時のホワイトノイズは仕様上、受け入れるしかなさそうです。極力、ノイズを抑えるためには再生機器の音量を最大にして、カーラジオ側のボリュームコントロールは小さくする必要があります。音楽を再生しながら走行している時はまったくノイズは気になりませんので、値段以上の仕事はしてくれていると思います。

 上の商品を使う前はAUXにオーディオケーブルを接続していました。Mi MIX2にはイヤホンジャックが無いので下の変換ケーブルを使用していました。安価で簡易なパッケージに入っていましたが品質は悪くなかったです。

2018年 7月 7日 | Posted in 未分類
タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>