「魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上>」【感想】

魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上> (電撃文庫)魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上> (電撃文庫)
著/佐島 勤 イラスト/石田 可奈

本編開始。これ水波ちゃん死ぬんじゃ・・・

深雪、そして魔法師たちの未来のため、達也は行動を開始する――!

「トーラス・シルバーは、国立魔法大学付属第一高校三年生、司波達也氏である」
七賢人の一人レイモンド・クラークによるビデオメッセージは日本だけでなく、世界中に大きな波紋を投げかけた。
そして、実質の魔法師追放計画ともいえる『ディオーネー計画』。達也はこれに対抗すべく兼ねてより研究をしていた恒星炉を用いたプロジェクト『ESCAPES計画』を発表する。
それは深雪のため、魔法師の未来の為、達也が選んだ道であった。
時を同じくして、滅んだはずの周公瑾と対決する光宣。さらに、十三使徒の戦略級魔法が達也を捉える!? 達也と深雪に最大の危機が訪れようとしていた――。


■感想
 前回の誓約の解呪を経ての暴露事件からの続きです。クラーク親子はこのタイミングで達也を地球から追放したいんでしょうが、マテバに物理的な距離なんて関係ないのでは・・・?まぁ深雪から離れないためにディオーネー計画には参加する必要なんてこれっぽちいもないんですが。現状、達也は各国からトーラス・シルバーであることと質量変換の戦略級魔法師であるとしか見られていないようで、分解はともかく再成については把握されていない。真夜様はどう転がっても達也を応援するでしょう。四葉分家の次期当主たちも現実的な思考の持ち主が多いから未来の四葉は安泰ですね。
 マスコミの前で銃弾を掴むパフォーマンスはやり過ぎな気がしましたが、結果的に場が治まったのでよかったのか?東道老人は達也に国防の要、抑止力としての役割を担ってほしいだけに見えるので、現状では無害ですが実際何を考えているのかは分からんですね。達也魔王化ルートの道筋は見えましたが。深雪さんが随分と積極的になってきているようで、けしからん。
 十三束があんな短絡野郎とは思いませんでしたね。作者はトミーのこと嫌いなん?そして、新ソ連のベゾブラゾフは下手を打ちましたね、民間人に対してトゥーマン・ボンバを使用して、暗殺に失敗して手駒も失う。本人からしたら命が残っているだけ良かったかもしれませんが、自国内での発言力が削がれそう。USNAも内部でゴタゴタですし、リーナが離反してしまいそう。インド・ペルシア連邦は達也の計画に便乗するし、この世界にまともな勢力はいないのか?主人公を活躍させるために周りの知能が乱高下するのはちょっと・・・。前々から伏線だと云われていた周公瑾と光宣の存在もやっと出てきましたし、どっちが操られているのやら。後、水波ちゃんが生きているのか気になりますね(光宣のことを考えると生存していそう)。今巻はあらすじ通りの展開でした。久しぶりに魔法科を読みましたが、やっぱ面白いね。エスケープ編<下>巻は一月ずらして刊行されるようで嬉しいです。

魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上> (電撃文庫) 魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上> (電撃文庫)
佐島 勤,石田 可奈

KADOKAWA
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>