「魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中)」【レビュー】

魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫)
著/佐島 勤 イラスト/石田 可奈
 
 次巻で氏族会議編完結。

将輝に『婚約』を申し込まれた深雪。
彼女が通う魔法科高校に、意外な人物が現れ……

世界中の魔法師が注目する師族会議は、何者かによる自爆テロによって幕を下ろした。この残酷な計画は、死体を操る魔法によって引き起こされていた。この魔法を手がかりに、企てた黒幕を追う達也。世論では、この事件によって、魔法師を糾弾する『人間主義』の勢力が日々拡大しつつあった。そして、「四葉家の司波達也殿がお前と同様、十文字殿の下で捜索に加わる。将輝、意地を見せろよ」
そう一条剛毅に発破をかけられた将輝は、『テロの黒幕』捜査メンバーである達也に対抗するように東京へ向かうのだった。そして、深雪に『婚約』を申し込んでいる将輝は、思い掛けない手を使って深雪にアプローチを試み……。
一方、絡まり合う人間模様と、日々悪化していく社会情勢の中、ついに『黒幕』の手掛かりを掴んだ達也。しかし彼の前に、思わぬ『第三の勢力』が立ち塞がる……!


■感想
 テロによって生まれた反魔法主義の機運は十師族のマスコミ対策により、一定の落ち着きを見せたかに見えたが、顧傑が望むことがおきつつある。これまでと違い攻めてくる相手を撃退するのではなく、隠れている敵を追跡する展開になるので、達也も後手に回っている。深雪との関係もギクシャクしがちになり、さすおにもなければイチャラブ成分もあまり無いという微妙な話に。前巻に書いてあった将輝の意外な手は読者の多くが予想したように、第一高校への短期の転入だった。裏表紙の吉祥寺が可哀想だぞ。地の利は既に無く、深雪は達也一筋だし、覆りようがない戦う前から負けている状態。
 
 いろいろとうだうだあって、本筋はあんまし進展しませんでした。今回は戦闘も歯切れ悪く、尻切れトンボ。終盤で深雪、水波、泉美が暴漢に襲われるところで終わってしまっているので非常に消化不良。七賢人の謎も深まり、次巻が待ち遠しい。次巻は来年春頃予定、起こってはならない最悪の事態が巻き起こるらしいので十中八九、達也が深雪関連で激怒するのでしょう。

ドウルマスターズも1月発売みたいですが、魔法科を早く書いてほしいなぁ。

魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫) 魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫)
佐島勤,石田可奈

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-11-10
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る by AZlink

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>