「魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編」【レビュー】

魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)
著/佐島 勤 イラスト/石田 可奈
 
 表紙が完全に夫婦です。どうもありがとうございました。

本当の兄妹の達也と深雪。しかし、四葉真夜の陰謀により、その『血縁』関係が否定され――
 司波深雪の許へ、四葉本家から、一族の有力者が顔を揃える新年の集い「慶春会」の招待状が届く。例年と違い、そこには「元旦に必ず出席すること」という指示が添えられていた。それを見て深雪は、「遂にこの時が来た」という予感を覚える。
 四葉家次期当主の指名。
 ――自分が後継者に選ばれれば、兄も日陰者に甘んじなくて済む。
 ――次期当主の地位にはきっと、それに相応しい「婚約者」が付いてくる。
 深雪の心は千々に乱れる。
 何者かによる妨害も退け、ようやく四葉本家へ出頭した達也たちは、現当主・四葉真夜の、蠱惑的な笑みで迎えられ、そしてその夜、真夜の口から「深雪は貴方の妹ではない」という衝撃的な「嘘」が達也に告げられる。
 それは、兄を恋愛対象として意識してもよいという意味であると受け取った深雪の心境は……ついに兄と妹の関係に急展開が!?


■感想
 古都内乱編で焦らされたため、今巻は新展開に期待していました。タイトルの通り、深雪が四葉を継承する話なのですが、そこに達也も大きく関わってきます。というか達也が主人公ですしおすし。達也が何故あの強力な異能を持って生まれたのか、深雪の隠された秘密とは。そういったことが判明する話になっています。

 新登場の四葉分家キャラが数名出てきます。津久葉夕歌、新発田勝成([ガーディアン]堤琴鳴、堤奏太)。新発田組は完全に噛ませ役として登場しますが、彼らは社会人+大学生なので今後も登場するかは微妙です。噛ませと言っても四葉分家ですから普通の魔法師よりは格段上の技量を持ってはいますが、達也が相手では役不足でした。

 分家達の周りくどい妨害策により、四葉本邸への道中にて戦闘が起こりますが、達也達は難なく切り抜けます。この妨害理由は後に達也に「センチメンタルな罪悪感」と切って捨てられる程、分家連中は大丈夫かと言いたくなる様なものでした。

 そして、問題の真夜様も厨二病全開のセカイ系であることと、達也大好き熟女であることが判明します。作中に真夜様が達也のことで小躍りしそうなくらい喜ぶシーンもありますし、上記の新発田勝成を達也が下す様を幻視して悦に入ったり、達也スキーであることが分かります。

 判明したことは

・達也は真夜の願望に依り異能を持って生まれた
 →世界に復讐する術を持った破壊者を望んだ
 →分家連中はこの力に罪悪感を感じ、封印したがっている
 →真夜は精神的に達也のことを息子だと思っている

・達也は深夜に依って異能が暴走しないように感情を消された
 →深夜は達也を四葉の守護者にしたかった
 
・深雪は完全調整体である
 →達也の枷となるために生まれた(コキュートス)
 →遺伝子的には兄妹だが調整の結果、達也と真夜より遠い関係になっている
 →よって達也の子を産んでも遺伝異常となる因子は排除されている

・深雪の婚約者は達也である
・達也は分解魔法が効かない相手用の中性子線射出魔法「バリオン・ランス」を完成させた

などなどで、物語に一区切りついた感じです。次巻「師族会議編」にてまた波乱が起こることが予告にて明らかになっているので、早く読みたいです。四葉直系であることが判明し、学校には居づらくなるでしょうね。生徒会は文字通り、魔窟。 

魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫) 魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)
佐島勤,石田可奈

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る by AZlink

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>