DELL U2415 を2台購入しました。【レビュー】※追記あり

Dell Uシリーズ 24.1インチ 液晶ディスプレイ (WUXGA/1920x1200/IPS非光沢パネル/6ms/ブラック) U2415
 タイトル通りU2415をIYHしました。4Kモニタでも良かったのですが、候補だったPA328Qが思ったより高く、ASUSの液晶ラインナップに新規追加されたWQHDモニタもパネルが変更されたぐらいでベゼルも太いままだったので、こちらにしました。U2415を選んだ理由として、まず解像度がWUXGA(1920×1200)ということと、スリムベゼルであることが上げられます。同じ狭額でWUXGAのEIZO EV2455も購入候補でしたが、高価なので断念しました。色合わせとかしてデザインやCADで設計する訳でもないので、使用用途的にもU2415で十分という事もあります。

IMG_20150320_111328IMG_20150320_111629

 DELLのモニタは初購入なので取り出すのに苦労しました。ダンボールで梱包してあるのですが、きっちりと収まっていて何処から手を付けたらいいのやら分かりませんでした。最終的には箱を横にして、全部一緒に引っ張りだしました。垂直に持ち上げるより、横に倒してスライドさせるようにして出したほうが良いです。

IMG_20150320_112746IMG_20150320_142020

 縦に3台並んでいるうち左右の端がU2415です。中央はASUS PB248Qで以前購入したものです。比較するとベゼルの細さが分かると思います。本当は3台とも同機種のほうが良いのですが、捨てる訳にもいかないので引き続き使用します。

ControlPanelMuitl
GTX970—>U2415—>U2415—>PB248Q

 U2415にはDisplayPort出力が付いているのでそれを使用し、デイジーチェーン接続します。U2415のDP1.2機能を有効にするとMSTで複数台のモニタを接続することができます。帯域的にDP1.2ではFHDx4,WUXGAx3,WQHDx2がそれぞれ可能です。PB248QのDPは1.1a対応の入力ポートですが、問題なく接続できました。

 ちなみにここに5台目のモニタを接続すると非アクティブ状態で表示されますが、アクティブにしようとすると「このGPUでは4画面までです。」的なメッセージがコントロールパネルに表示されます。DPでMST接続したら5画面以上いけるかと思っていたので残念です。マルチモニタ機能に関してはRADEONの方が優秀ですね。

 その後、Surround機能にて3台合わせて3600×1920(アスペクト比15:8)の解像度のモニタを作りました。モニタを個別に回転することが出来ないので、右端のU2415のベゼルが気になりますが仕様がないです。(U2415は左右どちらにも回転することができるので、最初はDELLのロゴを右にして設置していた。)

IMG_20150320_130830IMG_20150320_130833

IMG_20150320_131251IMG_20150320_131501

 アスペクトが16:9固定なので左右に黒帯が出来ていますが、ダークソウル2もちゃんとフルスクリーンで起動できました。PSO2の体験版は全体に最大化できました。FFXIVベンチも黒帯が入りましたが、3600×1920で起動しました。

Dell Uシリーズ 24.1インチ 液晶ディスプレイ (WUXGA/1920x1200/IPS非光沢パネル/6ms/ブラック) U2415 Dell Uシリーズ 24.1インチ 液晶ディスプレイ (WUXGA/1920×1200/IPS非光沢パネル/6ms/ブラック) U2415

Dell Computers
売り上げランキング : 6300

Amazonで詳しく見る by AZlink

(追記)
 前情報でDPでのデイジーチェーンは信号が途切れると不安定になると知っていましたが、実際に体感してみてその意味が分かりました。デイジーチェーンの構造上、最初のモニタの電源が落ちると2,3台目の接続が切れるのは分かります。問題はここからでスリープからの復帰や起動時に、正常に出力してくれないのです。

U2415 U2415 PB248Q
X
X X
X X X

 入力タイミングがシビアなのか、3台とも復帰してくれるときもあれば、暗転したままの時もあります。更にダメなのがSurround機能を使用しているとほぼ100%復帰してくれないことです。デイジーチェーンをする場合は電源を入れっぱなしにしておけということです。スリープしたら高確率でウィンドウ再配置です。

 DPの魅力的なデイジーチェーン機能ですが、これでは使い物にならないのでそれぞれ別々に出力することにしました。DP1.3では少しでも改善されることを望みます。(電源を落とさなければとても有能なんですが・・・。)

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>