ZOTAC GeForce GTX 750 TiでMonacoinを採掘する【レビュー】 ※追記あり

 タイトル通りMaxwellアーキテクチャのGM107コアを搭載したグラフィックボードであるGeForce GTX 750 Tiを買ってみました。ゲームはしないので個別にベンチマークは取りませんが、消費電力60Wで補助電源がいらないことから採掘用に使ってみます。GPUでハッシュレートを稼ぐのならAMDのR9シリーズを投入するのが定石ですが、新規にPCを組むのはちょっと・・・(X99が第三四半期に登場するらしいし)と思ったので今のPCに足す方向で同じNVIDIAから選びました。

ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB グラフィックスボード 日本正規代理店品 VD5281 ZTGTX750TI-2GD5R01 ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB グラフィックスボード 日本正規代理店品 VD5281 ZTGTX750TI-2GD5R01

ZOTAC
売り上げランキング : 2998

Amazonで詳しく見る by AZlink

現在の構成
CPU Intel Corei7 3930K @4GHz
RAM Corsair CML16GX3M4A1600C9 x2 32GB
M/B ASUS P9X79 PRO
PSU Corsair CMPSU-750HXJP
VGA1 玄人志向 GF-GTX670-E2GHD
VGA2 玄人志向 GF-GTX670-E2GHD/A
VGA3 ZOTAC ZTGTX750TI-2GD5R01

 -ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GB 製品情報 ZOTAC NVIDIA グラフィックスボード GeForce GTX 750 Ti | 株式会社アスク

 カードの基本的な性能は上の代理店の製品ページを見てもらうとして、Keplerと比べて消費電力あたりのパフォーマンスがより向上したようだ。GTX660には性能面で及ばず。GTX650Tiとはシェーダー数とCUDAコア数に開きがあるが、補助電源がいらないことを考えるとコナンパクトな基盤も手伝って、小型PC(MicroATX,MiniITX)にはうってつけ。
 
 Monacoinを採掘する前にパッケージの写真などをどうぞ。(クリックで拡大)

DVC00040DVC00041
 
DVC00043DVC00044

DVC00045DVC00046

 付属品は普通。DVI→D-Sub変換はいる人にはうれしいかも。2つあるDVI-IとDVI-Dは両方ともデュアルリンクDL対応。解像度2560×1600までいけるかな。最近は4kモニタではなくWQHDモニタが欲しい。P2815Qに期待していたのだけど、TNで30Hzじゃねぇ。
 mona

 採掘するときはSLI設定を無効にし、PhysXは規定値に。温度は気にしない方向で(90度超えなきゃ大丈夫でしょ)。消費電力はシステムで600Wほど。CPUはBOINCを回しています。GTX670で概ね260~280khash/s、GTX750Tiで130khash/sほど。合わせて680khash/s。R9 280Xのワッパには勝つことが出来ない。事前に分かっていたことだけど悲しいね。でもこれ以上消費電力を増やすことはしたくないんだなぁ。ASICでも買うか・・・。

※追記(2014/05/13)

cudaminer.exe -a scrypt -o stratum+tcp://alice.monapool.net:3333 -u user.user -p password -i 0 -l T5x24 -C 1

 上記のbatでGTX750Tiにておよそ255khash/sを出せています。GTX670は2枚とも売却しました。R9 280Xを買うかもしれませんし、750Tiを追加するかもしれません。scryptのASICもどんどん出てくるのでGPU掘りは電力効率的には勝てないけど、他の使い道があるからまだいい。使わなくなったASICを有効活用できないものか・・・?

cudaminer

2014年 5月 13日 | Posted in 自作PC
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>