「白の皇国物語10」【レビュー】

白の皇国物語 10白の皇国物語 10縹渺世界シリーズ(小説家になろう)
著/白沢戌亥 イラスト/マグチモ

 今回の内容は第二章:戦後内政編第十一話~第二十話までになっています。今巻も加筆されまくりで、登場人物が増えました。更に決闘の決着もWeb版とは大幅に異なります。

累計22万部突破! 大人気異世界英雄ファンタジー、第10弾!
累計22万部突破! 大人気異世界英雄ファンタジー、第10弾!身分を隠して騎士学校に通うレクティファールは、あるとき同じ騎士学校に通う留学生に決闘を申し込まれる。断る選択肢はなかったのだが、レクティファールには問題が一つあった。正体を明かせないため〈皇剣〉が使えないのだ。母国の誇る特製の重甲冑で戦いに挑む留学生に対し、やむなく肉弾戦に応じる〈皇剣〉なしのレクティファール。状況は圧倒的に不利。この勝負、どうなる!?


■感想
 あ、ありのまま起こったことを話すぜ。自動人形の研究所に行ったと思ったら、女性研究員が触手プレイをしていた。自分でも何を言っているのかわからねぇが、何を加筆しているんだ。Web版には無かった皇立特務機兵研究院への見学が挟まれたことにより、自動人形の説明が入ります。解説が中途半端だった兵器の補完でしょうな。人型兵器をどうしても出したいみたいで、男の浪漫だそうだ・・・(遠い目)

流れは概ね変わらずですが、ゲオルグとの決闘後にちょっとした乱入が増えます。レクティファールが男を見せ、Web版とは違い倒れないので、ゲオルグの噛ませ臭がより増している。

■新登場
ヘスティ・ラ・フリーガシン

白の皇国物語 1 (アルファポリスCOMICS) アルファポリスで連載漫画化されているものが単行本になりました。12/26に発売ですが、23日に届きました。基本的に書籍化されているものをなぞっていく感じでの漫画化です。Webでは最新話が読めるので、そっちを見るだけでも問題ないです。基本タダで見ることができるので、合わなければ買うこともないので。

白の皇国物語 10
白の皇国物語 1 (アルファポリスCOMICS)

まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>