【DH170】 BIOS アップデート【2.06】

以前組んだDH170にBIOSのアップデートが来ていたので更新しました。
BIOSから更新する機能が無いので、FreeDOSを起動してフラッシュしてやります。

One-ofF » 【DH170】サブPCを組みました【Core i3-6100】
Shuttle XPC ベアボーンPC DH170
Shuttle XPC ベアボーンPC DH170

手順
1.下記からzipファイルをダウンロードして解凍。
Shuttle Global – DH170

2.RufusでFAT32,FreeDOSの起動可能なUSBドライブを作成。
Rufus

下記のような構造のUSBドライブができる。

ドライブ文字:.
│ CONFIG.SYS
│ AUTOEXEC.BAT
│ autorun.inf
│ autorun.ico

└─LOCALE
DISPLAY.EXE
KEYB.EXE
MODE.COM
KEYBOARD.SYS
KEYBRD2.SYS
KEYBRD3.SYS
KEYBRD4.SYS
EGA.CPX
EGA2.CPX
EGA3.CPX
EGA4.CPX
EGA5.CPX
EGA6.CPX
EGA7.CPX
EGA8.CPX
EGA9.CPX
EGA10.CPX
EGA11.CPX
EGA12.CPX
EGA13.CPX
EGA14.CPX
EGA15.CPX
EGA16.CPX
EGA17.CPX
EGA18.CPX

3.先程解凍したzipのDOSフォルダ内の「BIOS」フォルダと「Flash.bat」ファイルを作成したUSBドライブのルートディレクトリにコピー。

ドライブ文字:.
│ CONFIG.SYS
│ AUTOEXEC.BAT
│ autorun.inf
│ autorun.ico
│ Flash.bat

├─LOCALE
│ DISPLAY.EXE
│ KEYB.EXE
│ MODE.COM
│ KEYBOARD.SYS
│ KEYBRD2.SYS
│ KEYBRD3.SYS
│ KEYBRD4.SYS
│ EGA.CPX
│ EGA2.CPX
│ EGA3.CPX
│ EGA4.CPX
│ EGA5.CPX
│ EGA6.CPX
│ EGA7.CPX
│ EGA8.CPX
│ EGA9.CPX
│ EGA10.CPX
│ EGA11.CPX
│ EGA12.CPX
│ EGA13.CPX
│ EGA14.CPX
│ EGA15.CPX
│ EGA16.CPX
│ EGA17.CPX
│ EGA18.CPX

└─BIOS
AFUDOSA5.exe
CKMODE.EXE
DH170000.206
DISEUP.EXE
fparts.txt
fpt.exe

4.DH170のBIOS設定で起動オプションを[LEGACY]にする。

5.起動順番を変更し[USB KEY]が一番になるように設定。

6.USBドライブからブートさせると、FreeDOSが起動しコマンドラインを打てる画面になるので、

C:\>Flash.bat

と入力してEnterを押し下げ。BIOSがフラッシュされるのを待つ。

7.自動的に再起動されるので、BIOSのバージョンを確認し、起動オプションを[UEFI]にして終了。

これでKabyLakeを搭載できるようになり、電源断後の再起動時のLANの問題も解決された模様。
今のCPUで全く問題ないが、KabyLakeのPentiumはHTTが有効になっており、非常にコスパが良いので欲しい。

2017年 3月 11日 | Posted in 自作PC
タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>